2009年 05月 18日
幸せな仕事
c0063017_23433523.jpg

席描きを始めて半年ちょっと。
最近、似顔絵席描きのお仕事が少しずつ増えてきた。

(これまでに大した人数を描いてきたワケじゃないけど)新しいお客さんが目の前に座るたびに、今でも最初の頃と変わらない緊張感(恐怖?)を感じます。

毎回、「この山、どうやって攻めたろか」って計画を練る登山家のような気分になってます。

正味な話、「すんません、お客さんの顔、描けません」て投げ出したくなるときもあります。

正味な話、「よっしゃ、ええ顔に描けた!!」て自信を持って絵を渡せるときよりも、「どーしよ…、うまく描けんかったわ…」てドキドキしながら絵を見せるときの方が多いような気がします。

ほんでも、「はい、出来ました」て絵を見せたときの反応を観たくて、一生懸命描いてしまいます。

360度周りを子どもらに取り囲まれながら描いてるときは、「うっさいんじゃガキども!!」とか言いながら、実はむっちゃ緊張してたりします。

それまでしかめっ面やったお婆ちゃんが、絵を見せた瞬間にパッとええ顔になってくれたときは、正直泣きそうになりました。

とあるお祭り会場で3兄弟を描いた次の日、その兄弟のパパとママが改めてお客さんとして来てくれたときは、心から神様に感謝しました。

「うっわクサイこと言うわぁ俺」とか思いながらも、この仕事をむっちゃ愛しています。

c0063017_23442163.jpg

[PR]

by tajjiemac | 2009-05-18 23:45 | 似顔絵


<< かっこいいタンデム      ようやく畑打ち >>