2010年 06月 11日
シンガポール行ってました。その3
昨秋のアメリカ旅行は生まれて初めての海外旅行やったせいか、観るものすべてがもうただただ目新しくて珍しくて、それだけで過ぎてしまった感があった。

で、今回のシンガポール旅行。
もちろんどれもこれも珍しかったし、やたら暑かったし熱かったし、もう刺激を受けまくってきたのは確かやけど、今回はそれ以上に、新しい視野が開けるような芽吹きを持ち帰ってきた気がする。
っちゅーかその実感がする。
中華系もインド系もマレー系も、それぞれのコミュニティを持ちながらもええ感じに共生してるその社会のあり方をこの目で観て、目から鱗が落ちた思いです。

そして何にしろもうやたら楽しかった。
どこに行ってもどの街角でも、朝から晩まで一日中とりあえずみんな食事してて(商業都市だから日夜仕事に明け暮れてるせいやけど)、わいわいやってて活気があって、基本的にはゆる〜い感じでありつつ締めるところはキチンとしてて、日本もこんなんやったら楽しいやろな〜って個人的に思ってます。

幼い頃にじいちゃんに連れられて歩いたお祭りの縁日や繁華街とか、あのときの体温やら汗やらむっとくる温度やら匂いやらを思い返すような、そんな想いでこの旅を振り返っているところです。
c0063017_2163545.jpg

c0063017_2165728.jpg

[PR]

by tajjiemac | 2010-06-11 02:19 | 日記・雑感


<< 自慢なこと      シンガポール行ってました。その2 >>