2005年 10月 10日
風を感じたくて、秋。
夏の日差しは恋しいけれども、気温が下がって秋風の心地いい今頃は、人にもエンジンにも優しい、走りに適した季節だと思う。
でも先月リアスプロケが吹っ飛んだ我が愛車は、まだパーツが届かず目下ガレージにて待機中。
走れません。

たかだか二週間ほどとは言え、「走りたいけど走れない」「自由に動ける自前の足が無い」という選択肢の無い不自由さは、秋空の高さに反比例して僕の心を沈ませる。

せめてオートバイの気分だけでも味わいたくて、ヘルメットを被ってみた。

c0063017_19203683.jpg


えーと、結論から言うと、楽しくとも何ともなかったです。
ぼちぼち仕事に戻ります。
早よパーツが届きますように。
[PR]

by tajjiemac | 2005-10-10 19:20 | 日々、オートバイ


<< 地元へ帰っていた      うつむいて石ころばかり >>