2005年 10月 19日
地元へ帰っていた
これまで何度も往復した甲斐あって、実家に大量にあった不要なモノもほぼ処分し終えた。
内装の補修や清掃の手はずもつけてきた。
車の手配についても、話はつけてきた。
いよいよ移住できる環境が整いつつある。
何かと物入りでお金がどんどん飛んでいきます。
なんか下さい。



車を買うに当たって世話してくれた友人にもうすぐ子どもが生まれるので、昔なじみとしてとても嬉しい。
本人は何気なくさらっと話したけど、前年の死産を経た末に授かった命だと聞いて、同い年やのに辛い出来事を乗り越えてきてるんやなあと、対照的に極楽トンボな我が身を心の奥でちょっとだけ恥じた。
いつまでもフラフラと独身のまま三十路になっちゃってごめんなさい。
どうか心身共に健康な子どもが生まれますように。
そして、くれぐれも電波な名前がつけられたりしませんように。
ラブ&ピース。
c0063017_228623.jpg

写真は友人の勤める店の敷地内に放置されているTR7。
トライアンフが四輪車作ってたとはちっとも知らんかった。キャブは僕の愛車と同じゼニス。
往時はどんな音をさせて走っていたのか。
[PR]

by tajjiemac | 2005-10-19 22:08 | 日記・雑感


<< 山が匂っていた      風を感じたくて、秋。 >>